怖い人も慣れてしまうと空気になる

夜になると必ず出てくる被害妄想をなんとかせねば。
今日、何か母の友人が真っ黒プッチンプリンを二つくれたようです。
母は食べなかったようですけど、食べ物に毒が入ってなければそれでいいのです。その話は、面倒なので、後日。

プッチンプリンにも種類が出たのですね。
女性ってよくお菓子の分け合いってやりますね。あれは仲良くみたいな感じなのでしょうか。
まあ僕には縁がないからいいのですけど。
病院の清掃のバイトの時、霊安室に入る時、塩をかけてもらったくらいで、あれは違うんですね。
死体の方がしゃべらないからまだいいよと思うくらい、シバキ歴の長い僕です。
まあ世間に出ると必ずいる怖い人。因みに僕は確かに軟弱な上に、つい視線を気にしてしまうタイプが基本です。
一々気にしないというやり方を覚えるまで、怖い人にかえって会いにいきました。
そのおかげか、ダウンする事はあっても、ある程度から「まあいいや」って思えるようになりましたね。
何もしていないだとか、世間の事で被害妄想が、関連付けられて、そういう怖い人の異常なシバキ発現に重なったりします。

思考を変えるべきですね。
昔、親父がおにぎりを作っていました。その中に、鼻くそが入っていたという笑えない事実も辛いったら辛いですね。プッチンプリンとは関係ない話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です